セフレとの連絡方法!

大半はふたり以外の秘め事になります。誰かにバレたら、あなたや相手の立場が悪くなる場合もあるでしょう。もし、あなたが家庭持ちなら、離婚で慰謝料請求が待っているかもしれません。最悪ですよね。それでは、セフレとの連絡はどのような方法がいちばんベストなのでしょうか。

<メール>
おそらく連絡はメールが多いでしょう。よくあるパターンは、電話やメールアドレスを登録する際に、相手の女性を男性名に変えることです。ありきたりですよね。まあ、携帯やスマートフォンを見られたら、女性の勘でバレてしまうでしょう。すぐに履歴は聖境する方法もあります。それでも、携帯やスマートフォンは最も楽なアイテムですが危険を伴うでしょう。もし、携帯やスマートフォンを利用するなら、専用のフリーメールをおすすめします。ウエブ経由ならキャッシュを消去したりすれば、すぐにはバレることはありません。欠点は毎回、IDとパスワードを入れる必要があるぐらいです。そのぐらいの面倒はガマンしてください。携帯やスマートフォンからバレてしまうケースが最も多いのが近頃の特徴です。これを回避するには安全が一番でしょう。

<頻度>
それでも、何度も同じ相手にメールのやりとりをしているとバレます。問題はメールなどの頻度です。あまり多くのメールはしないほうがいいと思います。これはセフレ相手の女性と約束しておいたほうがいいでしょう。帰宅してから、今日は良かったね、みたいなメールなどは止めておいたほうが安全です。気持ちは分かりますが、これもバレてしまうケースのひとつです。まちがっても、写メールは最悪でしょう。セフレの証拠を残すようなものです。メールは約束の日時など最低限にしておくことがバレないマナーですね。今日は良かったね、は、会ったときに言えばいいのですから。

最近では携帯やスマートフォンで、セフレとの連絡をするのが主流でしょう。ただし、パスワードを設定するなど、入念な情報隠しは重要です。メールだけでなく、LINEを代表とするような無料通話アプリも増えています。それでも要領は同じような感じになります。証拠を残すような、証拠がすぐに見つかるようなことは、あなたの首をしめることに成りかねません。慎重過ぎるぐらいがちょうどいいでしょう。それが、あなたの生活を守ることにつながります。相手の女性を守ることにもなるでしょう。大切な一度きりの人生を、棒に振るような真似でなくしてしまうのは情けない話です。楽しんでこそのセフレなのですからね。